司法書士法人ひびきグループ|名古屋市緑区・天白区の相続・家族信託・債務整理

司法書士法人ひびきグループ|名古屋市緑区・天白区の相続・家族信託・債務整理

わからないこと、お困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。

【受付時間】年中無休 朝9時~夜8時

052-890-5415

固定資産税評価額の見方・登録免許税の計算方法

固定資産評価額の見方・調べ方

登記にかかる登録免許税を計算するためには、固定資産評価額を調べる必要があります。

毎年5月頃に送られてくる、
「固定資産税・都市計画税(土地・家屋)課税明細書」を確認してみてください。

いろいろな項目が載っていますが、以下の見本をご覧ください。

【見本】固定資産税(土地・家屋)課税明細書

名古屋市の場合、このような明細書が届いているはずです。
この場合の固定資産評価額は、10番の「価格」というところが評価額になります。

固定資産税課税標準額、都市計画税課税標準額、税相当額などは登録免許税の計算には関係ありません。

登録免許税の計算方法

登録免許税は、固定資産評価額に、一定の税率を乗じて算出します。

相続登記の登録免許税

相続登記の登録免許税の計算方法は、評価額に0.4%をかけます。

たとえば、評価額が1000万円の不動産について、相続登記を申請する際の登録免許税は、
1000万×0.4%=4万円 となります。

売買・贈与による所有権移転登記の登録免許税

売買や贈与による所有権移転登記の登録免許税の計算方法は、評価額に2%をかけます。

たとえば、評価額が1000万円の不動産について、売買や贈与による所有権移転登記を申請する際の登録免許税は、
1000万×2%=20万円 となります。

※なお、土地の売買による所有権移転登記にかかる登録免許税については、税率を軽減する特例(租税特別措置法)が適用される場合があります。

登録免許税計算の端数処理

上記で概算の登録免許税が計算できますが、厳密には、固定資産評価額と登録免許税それぞれ端数処理を行います。

固定資産評価額については、1,000円未満の端数を切り捨てます。
例:11,255,856円→11,255,000円

計算した登録免許税額については、100円未満の端数を切り捨てます。
例:45,020円→45,000円

無料見積もり

「最終的に費用がどのくらいかかるか知りたい!」「大体の見積りを出してほしい!」
というお客様は、メールフォームまで、無料見積もりの旨をお書き添えの上、相談内容欄に下記をご記入ください。

■ 相続人(法定相続人)の人数
■ 不動産の所在地
(緑区、みよし市 など、大体の場所でOKです)
■ 不動産の固定資産評価額
(役所から届く固定資産税の課税明細書に記載されている「評価額」「価格」「固定資産評価額」「当該年度価格」というような項目です)

相続登記手続き費用の関連ページ

相続不動産売却プラン

 


司法書士法人ひびきグループへのお問い合わせ

相続のこと、家族信託のこと、債務整理のこと…
ご不明な点やお困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでもかまいません。○○のことで相談したい、というだけでも結構です。
お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
お問い合わせ、お待ちしております。
 
相談専用ダイヤル☎ 052-890-5415
(年中無休 朝9時〜夜8時 ※土日・夜間はご予約をお願いいたします)

 

 

この情報をシェアする

家や土地のこと

メールのお問い合わせ電話のお問い合わせ