「楽器寄附ふるさと納税」とは

「楽器寄附ふるさと納税」ってご存知ですか?

全国の所有者から楽器の寄附を募り、楽器を必要としている市内の小中学校に贈り、
教育活動を支援しようという、2019年10月から日進市が始めた「ふるさと納税」の制度を活用した取り組みです。
その寄附楽器の査定価格が税控除額の対象になるそうです。
返礼品をともなわないため、日進市内在住者の方も本制度により楽器寄附が可能となります。

全国5自治体が行ってきたこの制度、愛知県では日進市が初めてです。

日進市内の中学校では、吹奏楽部員の使う楽器の大半が昭和時代に購入したものだそうで、
壊れて使えなかったり、錆びついていたり、正しい音が出なかったり…。
修理もままならない状態のものもたくさんあるそうです。
楽器が足りず、自費購入している部員もいるんだとか。

家に眠っている使われなくなった楽器を、自治体を通じて寄附することによって
子供たちの笑顔があふれる…なんて、とても素敵な取り組みですね。
感謝の気持ち・ものを大切にする気持ちも生まれます。
日進市だけではもったいない!
全国に広がるといいな、と思います。

寄附者には、お礼の手紙や練習中の動画、演奏会の招待状が贈られるそうです。
寄附後に交流があるというのも素敵ですね。

最近何かと話題になる「ふるさと納税」ですが、日進市のこの取り組みは心があたたかくなります。

寄附は専用のホームページ「楽器寄附ふるさと納税サイト」を通じて申し込めます。
ご興味のある方はぜひ一度ご覧くださいね。

◆お問い合わせ先◆
日進市役所財政課
TEL:0561-73-3205

家族信託には無数の可能性があります

あたたかい気持ちになると、ふと家族の顔が浮かびませんか?
子供の幸せを願うのはどの親も同じ。
「家族のために何かできることはないだろうか」とお考えの方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
親戚が集まる年末年始、みなさんで相続や家族信託のお話をされてみてはいかがでしょう?

テレビや新聞・雑誌でも頻繁に取り上げられるようになった家族信託ですが、
一番ニーズがあるのが認知症対策です。
しかし、それ以外にも家族信託で解決できる問題はまだまだたくさんあります。
どんな事でも構いません。お気軽にご相談くださいね。

司法書士法人はらこ事務所では、家族信託・認知症対策についてお問い合わせいただいたお客様に

「家族信託ハンドブック」をプレゼントしております。

もちろん登記や債務整理のご相談もお待ちしています。


この記事を書いた人 【総務部 澤田】

名古屋生まれの名古屋育ち。ネコが大好き。黒ネコを崇めています。
昔から、どこにいても道を尋ねられます。そんなに詳しくないので、申し訳なくなります。