司法書士法人ひびきグループ|名古屋市緑区・天白区の相続・家族信託・債務整理

司法書士法人ひびきグループ|名古屋市緑区・天白区の相続・家族信託・債務整理

わからないこと、お困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。

【受付時間】年中無休 朝9時~夜8時

052-890-5415

空き家と相続財産管理人

空き家の所有者が死亡

相談内容
私の住宅は、今にも瓦が落ちてきそうな空き家に隣接しています。
行政に危険の除去について相談しました。
行政からは、「空き家の所有者は既に死亡し、相続人もいないようなので、特措法に基づく手続きに時間を要することが想定される」と回答されました。
私はどうすればよいでしょうか。

空き家の所有者がいない場合

行政に特措法に基づく対応を求める場合、
・その空き家が空家特措法上の特定空家等に該当するか否かの問題
・特定空家等に該当するとしても、所有者がいない(所有者が死亡してその相続人がいない)場合は、代執行に至るまで時間を要するという問題
があります。
早急な対応が必要な場合には、空き家の管理・処分について、相続財産管理人の選任を求める方法が考えられます。

空家特措法による措置

空家特措法上、空家等を適切に管理する責務は、第一義的に所有者等にあるが、行政(市町村)にも空家等に対する措置を適切に講じる努めがある。
本問の空き家が「そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態」等にある場合、市町村は空き家を「特定空家等」であると判断したうえで、空家特措法に定める措置を行うことになる。
この判断は、必要に応じ、所有者等の調査や立入調査、学識経験者の意見を聴取する等の手続きを経て行われ、また、この措置は空家特措法に定める手順を追って行われることから、一定の時間を要することが想定される。

相続財産管理人選任申立と空き家

被相続人につき、相続人の存在・不存在が明らかでない場合(相続人の全員が相続放棄をした結果、相続人が不存在となった場合を含む)、利害関係人等は家庭裁判所に対し、相続財産管理人の選任を求めることができる。
相続財産管理人が選任されると、相続財産管理人が相続財産の調査や管理を行うことになるので、さほどの時間を要せず空き家の適切な管理が開始されるものと考えられる。
また、相続財産管理人は、相続債権者・受遺者への請求申出公告、相続債権者等への弁済、相続人捜索、特別縁故者への財産分与等の諸手続きを行い、残余財産があれば国庫に引き継ぐので、この過程で空き家は換価等の処分がなされる。
このため、相談者に相続財産管理人の選任を申立てる利害関係が認められる場合、この方法に依ることが考えられる。

相続財産管理人の予納金

なお、申立人は、相続財産管理人の選任の際、予納金の納付を求められる。
この予納金は一般に高額であるので、近隣住民に申立人適格がある場合であっても、高額の予納金を負担することは難しく、結局、これが相続財産管理人選任の申立てを断念させる要因となっている。

予納金の金額は裁判所・事案によって異なり、50万円から100万円程度が目安となるが、100万円を超える場合もある。
管理する相続財産の状況によっては、予納金は使用されずに返還される場合もあり、また、予納金が不要となる事例もある。
近隣住民による申立てが困難な場合、空き家の所有者(被相続人)には、固定資産税等の滞納があるものと考えられるので、債権者たる市町村と協議し、市町村に相続財産管理人選任の申立てを働きかけることを検討することも考えられる。

訴訟と特別代理人

なお、相続財産管理人選任手続きを取らず、妨害排除請求を訴訟手続きで求めることも考えられる。
この場合、代表者のいない法人たる相続財産に訴訟行為をしようとする者は、受訴裁判所に対し、特別代理人の選任を申立てることができるとする判例(大審院昭和5年6月28日決定・大民集9巻640頁)が参考になる。

空き家の関連ページ

空き家管理と相続放棄

よく見られているページ

相続の手続き

相続不動産売却プラン

遺言書作成

過払い金と債務整理
 
 

司法書士アクセスブックのご案内

 
皆さんに司法書士をもっと身近に感じてもらうため、日本司法書士会連合会が作成した手引書です。画像をクリックするとPDFファイルがダウンロードできます。

『放っておけない空き家の話』(PDFファイル)

 
「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されたことを受けて、空き家問題について解説するとともに、実際に寄せられた相談事例を紹介しています。

『司法書士のことがわかる本』(PDFファイル)

 
司法書士の業務紹介では、「家・土地」「相続」「日常生活のトラブル」といった項目ごとに具体的な相談ケースの解説や司法書士がお手伝いできることについて、司法書士の取り組み紹介では司法書士会が行う各種法律相談や社会貢献事業等について紹介しています。

『司法書士に聞いてみよう!』(PDFファイル)

 
「遺言」「会社設立」「成年後見」「相続登記」「司法書士になりたい」といった身近に起きる法律問題に対して司法書士ができることを漫画でわかりやすく説明しています。

『困っていませんか?くらしの中の人権』(PDFファイル)

 
司法書士がくらしの中の人権問題に関して、支援していること・支援できることをわかりやすく紹介しています。

※日本司法書士連合会WEBサイトより引用

 

司法書士法人ひびきグループへのお問い合わせ

相続のこと、家族信託のこと、債務整理のこと…
ご不明な点やお困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでもかまいません。○○のことで相談したい、というだけでも結構です。
お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
お問い合わせ、お待ちしております。
 
相談専用ダイヤル☎ 052-890-5415
(年中無休 朝9時〜夜8時 ※土日・夜間はご予約をお願いいたします)

 

 

この情報をシェアする

空き家の相談は名古屋の司法書士はらこ事務所へ

メールのお問い合わせ電話のお問い合わせ