司法書士法人ひびきグループ|名古屋市緑区・天白区の相続・家族信託・債務整理

司法書士法人ひびきグループ|名古屋市緑区・天白区の相続・家族信託・債務整理

わからないこと、お困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。

【受付時間】年中無休 朝9時~夜8時

052-890-5415

相続税申告・税理士報酬費用の相場

相続税申告の必要性

相続税の基礎控除

相続税の申告・納税は、相続により取得した財産の合計額が、遺産の基礎控除額を超える場合に必要となります。

相続税がかかる人は、全体の5%程度と言われています。
平成27年1月1日に、相続税の改正がありましたが、相続の場合は数千万円の基礎控除額があり、その範囲内であれば、相続税はかかりません。
基礎控除額の範囲内であれば、相続税の申告も納税も必要ないため、申告しないということになります。

相続税申告が必要な場合

しかし、遺産の総額が基礎控除内におさまらず、相続税を支払う必要がある場合は、相続税申告をしなければなりません。
相続税申告は、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から、10ヶ月以内に行う必要があります。
10ヶ月の期間は、あっという間に過ぎてしまいますので、早めに段取りをしておくことが重要です。
 
 

相続税申告の報酬

相続税申告の料金相場

相続税の申告は、税理士の専門分野となります。
相続税申告の料金・税理士手数料は、税理士事務所によってまちまちです。
以前は、税理士報酬規定がありましたが、現在は撤廃されており、各税理士事務所・会計事務所で報酬基準を設けています。

相続税申告の税理士報酬の相場としては、
遺産総額に対して0.5%~1.0% ということが多いようです。
案件によっては、もっと低い場合・高い場合もありますし、
遺産総額ではなく、基礎控除を引いた積極財産に対して1.0%というような基準を設けている事務所もあります。

提携税理士パートナーのご紹介

はらこ事務所では、提携の税理士パートナーがおりますので、お客様のご事情に合わせて、税理士をご紹介させていただきます。
税理士をご紹介させていただく場合でも、紹介料等は発生しませんので、お気軽にご相談ください。
「知り合いの税理士に見積りを出してもらったら、すごく高くて、もっと安くやってくれるところを探している
「税理士に相談に行ったけど、相続税の専門ではないと断られた
というお客様からも、多くご相談をいただいております。

税理士の中にも、相続税申告に強い税理士や、法人税などの会社専門の税理士もいるため、よく見極めることが必要です。
相続税のご相談でお困りの方は、電話・メールでご連絡ください。

参考:旧税理士報酬規定・相続税

遺産の総額基本報酬額加算額合計額報酬割合
5,000万円未満¥100,000¥200,000¥300,0000.60%~
7,000万円 〃¥100,000¥350,000¥450,0000.64%~
1億円 〃¥100,000¥600,000¥700,0000.70%~
3億円 〃¥100,000¥850,000¥950,0000.32%~
5億円 〃¥100,000¥1,100,000¥1,200,0000.24%~
7億円 〃¥100,000¥1,350,000¥1,450,0000.21%~
10億円 〃¥100,000¥1,700,000¥1,800,0000.18%~
10億円以上¥100,000¥1,800,000¥1,900,0000.19%~
1億円増すごとに100,000円を加算

相続税の関連ページ

相続税の計算方法

よく見られているページ

相続の手続き

相続不動産売却プラン

遺言書作成

過払い金と債務整理
 
 

司法書士アクセスブックのご案内

 
皆さんに司法書士をもっと身近に感じてもらうため、日本司法書士会連合会が作成した手引書です。画像をクリックするとPDFファイルがダウンロードできます。

『よくわかる相続』(PDFファイル)

 
「相続の基本」「遺言」についてなど項目ごとに、具体的な相談ケースと解説を掲載しています。

『司法書士のことがわかる本』(PDFファイル)

 
司法書士の業務紹介では、「家・土地」「相続」「日常生活のトラブル」といった項目ごとに具体的な相談ケースの解説や司法書士がお手伝いできることについて、司法書士の取り組み紹介では司法書士会が行う各種法律相談や社会貢献事業等について紹介しています。

『司法書士に聞いてみよう!』(PDFファイル)

 
「遺言」「会社設立」「成年後見」「相続登記」「司法書士になりたい」といった身近に起きる法律問題に対して司法書士ができることを漫画でわかりやすく説明しています。

『困っていませんか?くらしの中の人権』(PDFファイル)

 
司法書士がくらしの中の人権問題に関して、支援していること・支援できることをわかりやすく紹介しています。

※日本司法書士連合会WEBサイトより引用

 

司法書士法人ひびきグループへのお問い合わせ

相続のこと、家族信託のこと、債務整理のこと…
ご不明な点やお困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでもかまいません。○○のことで相談したい、というだけでも結構です。
お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
お問い合わせ、お待ちしております。
 
相談専用ダイヤル☎ 052-890-5415
(年中無休 朝9時〜夜8時 ※土日・夜間はご予約をお願いいたします)

 

 
 

この情報をシェアする

相続税対策

メールのお問い合わせ電話のお問い合わせ