遺言の変更・訂正・撤回・取り消しは、何度でもすることができます。

遺言は、その人の「最期の意思」を尊重しようという制度ですので、事情が変わったとか、気が変わったとか、どんな理由でもかまいません。
特に、持っていた不動産を売ったなど、財産の変更があった場合には、遺言の変更をしておくべきでしょう。

なお、公正証書遺言を、自筆証書の形式で訂正することもできますが、適切な方式で訂正しないと無効になってしまう可能性があるので、ご注意ください。

 



わからないこと、お困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでもかまいません。○○のことで相談したい、というだけでも結構です。
お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
お問い合わせ、お待ちしております。
 
相談専用ダイヤル☎ 052-747-5655
(年中無休 朝9時〜夜8時 ※土日・夜間はご予約をお願いいたします)