過払い金とは、いわゆるグレーゾーン金利(利息制限法で決められた上限利息を超える利息)を、貸金業者に支払っていた場合の、払いすぎのお金のことです。
そのお金は、利息制限法に違反している利息金なので、返還請求をすることができます。

過払い金が発生している目安としては、5年以上、18%以上の金利で借りていたような場合は、過払い金が発生している可能性が高くなります。
すでに完済している場合は、調べるのに費用はかかりませんので、まずはお気軽にご相談ください。