住宅資金特別条項付きの個人再生手続き(住宅ローン特則)によって、住宅を売却せずに債務整理を行う方法があります。
この方法だと、住宅ローンは支払い続けたまま、他の債務を圧縮することができるため、生活再建の道筋が立てやすくなります。

個人再生の詳細はこちら