相続放棄と消滅時効の援用に共通する注意点

ここのところ、借金に関する相続放棄のご相談と、消滅時効を援用して借金をなくす手続きのご相談が多くなっています。
いずれも借金に関する手続きですが、共通する注意点があります。

それは、貸金業者・債権者からの請求に応じて、支払いを約束したり、実際に一部でも支払ったりしてしまうと、相続放棄や消滅時効の手続きができなくなってしまう可能性があるということです。

借金の返済をするという行為は、相続手続きでの単純承認、消滅時効での債務の承認にあたります。

金融業者から督促がくると、びっくりしてあわてて手続きをしてしまいがちですが、先方と話をする前に、まず一度ご相談ください。
相談は無料ですので、お気軽に電話・メールでご連絡ください。

借金問題の関連ページ

相続放棄

よく見られているページ

相続の手続き

相続不動産売却プラン

遺言書作成

過払い金と債務整理

 



わからないこと、お困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでもかまいません。○○のことで相談したい、というだけでも結構です。
お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
お問い合わせ、お待ちしております。
 
相談専用ダイヤル☎ 052-747-5655
(年中無休 朝9時〜夜8時 ※土日・夜間はご予約をお願いいたします)