名古屋市緑区・天白区・東郷町・日進市・豊明市・みよし市の遺産相続・相続手続き・債務整理・過払い金なら司法書士はらこ事務所

自筆証書遺言について

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言書(じひつしょうしょゆいごん)とは、自分で、自筆で作成する遺言書のことです。
公正証書での遺言と違い、全文を自分で書く必要があります。
その他、いろいろな要件が定められており、間違った書き方をすると、無効になるおそれがあります。

自筆証書遺言の要件・ルール

全文を自筆する

自筆証書遺言書の場合は、遺言書のすべてを、自分で「自署」しなければなりません。

パソコンやワープロで文字を打って、最後に自筆で署名する。
字が下手だから、代筆してもらって、名前だけ自分で書く。

このような遺言書は、すべて無効となります。

日付を記入する

遺言書には、必ず日付を記載します。
日付の記載方法は、「平成27年7月25日」「2015年7月25日」というように、しっかりと年月日を書くことです。

自筆証書遺言でよくある間違いは、
「平成27年7月吉日」と、日にちをあいまいにしてしまうケースです。

この場合も、無効となってしまいます。
日にちまで記載する理由は、一番新しい、最新の遺言書を明確にするためです。

遺言は、何度でも作り直すことができまが、
7月25日に作った遺言と、7月26日に作った遺言では、26日に作った遺言が優先されます。
日にちが「吉日」になっていると、どちらが新しいものか判断できなくなってしまいます。

氏名を書く

当然ですが、自分の名前を書きます。
芸名や屋号ではなく、実名で署名します。

住所も書いておくと、特定にもなり、手続き的にもスムーズになるため、住所・氏名を書くと良いでしょう。

印鑑を押す

自筆証書遺言書を作成したら、氏名の横に捺印をします。
押印は、特に指定はありませんので、認印でも有効ですが、実印がベストです。

実印がなければ、銀行印がベターです。

自筆証書遺言の訂正・変更

自筆証書遺言書を作成した後に、一部を訂正したり変更したい、文字を書き加えたいという場合は、
できれば書き直すことをおすすめします。
大きくバツを書いて、破るかシュレッダーにかけましょう。

遺言書の訂正をすることもできますが、訂正ルールが厳格に決められているため、間違えて問題になる可能性があります。

【参考】遺言書の訂正の方法

参考までに、自筆証書遺言の訂正方法を記載します。
(おすすめしません)

①遺言書の本文に、変更したい内容を書く
②変更した場所に印鑑を押す
③遺言書の空いているところに、変更した場所・内容を書く
例 本文2行目3字加入
本文3行目2字抹消2字加入
④上記③の横に、署名捺印をする

自筆証書遺言の用紙と筆記用具

自筆証書遺言書を作成するための紙やペンについては、特に指定はありません。
便箋でも、コピー用紙でもかまいません。
長期間保存できるよう、しっかりした用紙がよいでしょう。

ペンも、指定はありませんが、ボールペンで書くのが一般的です。
シャープペンや鉛筆だと、改ざんのおそれがあるため、やめたほうが無難です。

自筆証書遺言のメリットとデメリット

自筆証書遺言書のメリット

・手軽に作成できる
・遺言書の内容を秘密にすることができる
・費用を安くおさえることができる

自筆証書遺言書のデメリット

・方式を間違えると、せっかく作った遺言書が無効になる
・紛失したり、改ざんされてしまうリスクがある
・遺言者死亡後も、遺言書が発見されない可能性がある
・遺言書発見後、家庭裁判所での検認手続きが必要になる

自筆証書遺言作成サポート

自筆証書遺言の作成について、以下のサポートが可能です。

自筆証書遺言の添削サポート

お客様が作成した自筆証書遺言書を確認し、内容のチェックや、法的な不備の是正などのアドバイスをさせていただきます。

初回 32,000円
2回目以降 10,000円

※案件や内容により、追加費用が必要となる場合がございます。
(事前にご説明いたします)
※手続きに必要な戸籍取得等の実費(切手・小為替)は別途必要になります。
※上記は税抜き価格です。消費税分は別途ご精算いたします。

自筆証書遺言の文案作成おまかせサポート

財産内容や、ご希望の分割方法などをお聞きして、自筆証書遺言の文案を作成します。
(作成した遺言文案をもとに、お客様ご自身で自署していただき、遺言書が完成となります)

自筆遺言おまかせサポート 68,000円

※案件や内容により、追加費用が必要となる場合がございます。
(事前にご説明いたします)
※手続きに必要な戸籍取得等の費用(1通につき800円)及び実費(切手・小為替等)は別途必要になります。
※上記は税抜き価格です。消費税分は別途ご精算いたします。

自筆証書遺言の文例

自筆証書遺言について、一番よくあるケースとして、
全財産を妻に相続させる場合の遺言書の文例を作りましたので、参考にしてください。

お問い合わせ

わからないこと、お困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。
手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでもかまいません。
自筆証書遺言のことで相談したい、というだけでも結構です。
bn_tel_o.jpg2

お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。
相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
お問い合わせ、お待ちしております。

TEL 052-879-5411
(年中無休 朝9時〜夜8時)
(年中無休 24時間受付中!)

アクセス・地図・駐車場はこちら

名古屋で遺言書の作成は名古屋市緑区の司法書士はらこ事務所

自筆証書遺言の関連ページ

遺言書の種類

よく見られているページ

相続の手続き

相続不動産売却プラン

遺言書作成

過払い金と債務整理

gosoudankudasai

 

相続・遺言のことは名古屋の司法書士はらこ事務所へ

お気軽にお問い合わせください TEL 052-879-5411 年中無休 朝9時〜夜8時

お問い合わせ
プロフィール画像

どうぞお気軽に
ご相談ください!

はらこブログ

〒458-0804
名古屋市緑区亀ヶ洞1丁目707番地
アークヒルズ徳重1F
駐車場あり(2台分)
司法書士はらこ事務所外観,看板
協力不動産業者様募集中
提携士業様募集中

相続・遺言のことは名古屋の司法書士はらこ事務所へ

お問い合わせTEL

対象地域

【メインエリア】
はらこ事務所の中心エリアです
名古屋市緑区,名古屋市天白区,愛知郡東郷町,豊明市,みよし市,日進市
各主要エリアから15分以内で来れる便利な場所にあります
<駅周辺>
徳重、神沢、相生山、鳴子北、野並、赤池、平針、原、植田、塩釜口、八事、鶴里、桜本町、新瑞橋、瑞穂運動場東、瑞穂運動場西、総合リハビリセンター
 【近郊エリア】
近所に司法書士がいない場合などはご相談ください
【名古屋市内エリア】
瑞穂区,昭和区,千種区,熱田区,守山区,名東区,中川区, 名古屋市中区,中村区,名古屋市西区,名古屋市北区, 名古屋市東区,名古屋市港区,名古屋市南区
【名古屋近郊エリア】
大府市,東海市,知多市,刈谷市,知立市,豊田市,長久手市,安城市,岡崎市,東浦町,半田市
PAGETOP