名古屋市緑区・天白区・東郷町・日進市・豊明市・みよし市の遺産相続・相続手続き・債務整理・過払い金なら司法書士はらこ事務所

相続登記は名古屋の司法書士はらこ事務所へ

相続登記とは?

相続した財産の中に、不動産がある場合、不動産の名義変更をする必要があります。
不動産の名義は、管轄の法務局で「登記」されています。

亡くなった方の名義で登記されているため、それを相続人の名義に変更する手続きを行うことになります。
その際に、「相続」を原因とする「所有権移転」登記を申請するため、一般的に「相続登記」といわれています。

つまり、不動産の名義変更のことを、一般的には相続登記と呼んでいる、ということです。

相続登記の期限はいつまで?

相続登記はいつまでにやる必要があるか、ということをよく聞かれますが、実は、相続登記には期限がありません

じゃあ、やらなくてもいいんじゃ・・・と思うかもしれませんが、相続登記をしないと色々な不都合が起きてきます。

相続した土地・建物を売る場合

たとえば、相続した土地・建物を売却しようとする場合。
この場合は、必ず相続登記をして、不動産の名義が相続人に変わっていなければなりません。

登記簿上、死亡した人の名義になっていて、購入する人に直接所有権移転登記をするということはできません。
不動産の権利変動の過程を公示する必要があるためです。

したがって、売買の登記の「前」に、相続登記をしなければいけません。

相続した不動産を担保に入れる場合

たとえば、銀行から融資をうけて、お金を借りる場合。
不動産を担保に入れてくれ、という話になったら、この場合も相続登記が必要です。

不動産を担保に入れる場合、抵当権設定登記・根抵当権設定登記という登記を申請しますが、
その登記の「前」に、相続登記をして、不動産の名義が相続人になっている必要があります。

遺産分割協議をした場合

たとえば、複数の相続人の間で、遺産分割協議をして、最終的に長男が不動産を相続することになった場合。
この場合、長男は、相続登記をしないと、第三者に不動産全部の権利を主張することができません。

仮に、次男が、自分の法定相続分にあたる持分を、第三者に売った場合、その第三者が先に登記をすると、長男は負けてしまいます。
長男が自分の所有権を守るためには、相続登記をする必要があります。

相続登記をするタイミングは?

相続登記については、法律上の期限はありませんが、できるだけ早い段階で手続きをすることをおすすめしています。
仮に、相続人の中の誰かが亡くなった場合、その次の相続人が手続きに関与する必要があります。

私の経験上、相続人との関係が薄くなるほど、遺産分割の話し合いがまとまりづらく、相続の手続きが進まなくなります。
そうこうしているうちに、他の相続人にもさらに相続が発生して、収集がつかなくなります。

不動産を売却するタイミングで、「じゃあそろそろ相続の手続きをしようか」と言っても、すでに手遅れであることが往々にしてあるのです。

相続登記は自分でできる?

相続登記は、特別な資格が必要というものではないため、一般の方でもすることができます
ただ、自分でやるためにはいくつかハードルがあります。
たとえば・・・
・相続登記手続きについての勉強をする
・法務局で相続登記の相談をする
・被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍を集める
・固定資産評価証明書を取り寄せ
・相続人全員の遺産分割協議書を作成、全員の署名・実印・印鑑証明書をもらう
・登記申請書を作成して法務局に提出
・不備があれば法務局で補正(訂正)

など、一般の方が仕事をしながら平日に休みをとって手続きをするというのは、現実的ではないかもしれません。
(後学のためにやってみるということであればいいかもしれません)

仕事の休みがとりづらいとか、手続きが面倒くさいしそんなヒマないとか、よくわからないとかであれば、
専門家に任せれば丸投げでいいですし、スムーズで安心です。

相続登記を自分でやってみようという場合は、
相続登記の必要書類もご覧ください。

相続登記手続きの費用

相続登記の費用は、以下のページをご覧ください。
司法書士費用のほか、相続登記手続きにかかる実費についてもご確認ください。

相続登記手続きの費用

相続した土地・建物の売却をご検討のお客様は、お得な相続不動産売却プランもございます。

お問い合わせ

わからないこと、お困りのことがございましたら、お電話またはメールでお気軽にご相談ください。
手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでもかまいません。
○○のことで相談したい、というだけでも結構です。
bn_tel_o.jpg2

お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。
相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
お問い合わせ、お待ちしております。

TEL 052-879-5411

メールでのお問い合わせはメールフォームからお願いします。

はらこ事務所へのアクセスは、アクセス・地図・駐車場をご覧ください。

名古屋市緑区,天白区,東郷町,豊明市,みよし市,日進市の遺産相続,債務整理なら司法書士はらこ事務所

相続登記の関連ページ

相続不動産売却プラン

相続登記手続きの費用

相続登記の必要書類

相続・遺言のことは名古屋の司法書士はらこ事務所へ

お気軽にお問い合わせください TEL 052-879-5411 年中無休 朝9時〜夜8時

お問い合わせ
プロフィール画像

どうぞお気軽に
ご相談ください!

はらこブログ

〒458-0804
名古屋市緑区亀ヶ洞1丁目707番地
アークヒルズ徳重1F
駐車場あり(2台分)
司法書士はらこ事務所外観,看板
協力不動産業者様募集中
提携士業様募集中

相続・遺言のことは名古屋の司法書士はらこ事務所へ

お問い合わせTEL

対象地域

【メインエリア】
はらこ事務所の中心エリアです
名古屋市緑区,名古屋市天白区,愛知郡東郷町,豊明市,みよし市,日進市
各主要エリアから15分以内で来れる便利な場所にあります
<駅周辺>
徳重、神沢、相生山、鳴子北、野並、赤池、平針、原、植田、塩釜口、八事、鶴里、桜本町、新瑞橋、瑞穂運動場東、瑞穂運動場西、総合リハビリセンター
 【近郊エリア】
近所に司法書士がいない場合などはご相談ください
【名古屋市内エリア】
瑞穂区,昭和区,千種区,熱田区,守山区,名東区,中川区, 名古屋市中区,中村区,名古屋市西区,名古屋市北区, 名古屋市東区,名古屋市港区,名古屋市南区
【名古屋近郊エリア】
大府市,東海市,知多市,刈谷市,知立市,豊田市,長久手市,安城市,岡崎市,東浦町,半田市
PAGETOP